【バックパック編】キャンプツーリングに持っていきたいおすすめキャンプギア

ヘッドライト

これは夜の設営なんかで手元を照らして作業したいときにとても重宝します。

あとハンモックの上にロープを張って、そこに吊るしてリビングライトのような使い方もしています。

このヘッドライト実は1200ルーメンとめっちゃ明るいです。
まじで直視できないレベル。

でも価格は2000円しないくらいでかなりお得な買い物でした。

もしこれから買う人がいれば1000ルーメン以上の明るさで、充電式のものをおすすめします。

NINE FLOWERS LEDヘッドライト USB充電式 センサー機能付き 210g 90°調整可能 2つの18650バッテリー付き

ランタンハンガー

タープポールや木に引っ掛けてランタンを吊るすやつです。

ランタン以外にも工夫次第でいろんなものを引っ掛けることができるので、これがあれば荷物の置き場にも困りません。

しかも価格も安いのでコスパが高いギアです。

ナタ

これは主に薪割り用に使います。

薪は基本的に現地調達してるので、太い枝しかない場合でもナタがあれば手頃な太さまで割ることができます。

僕が使っているナタは実家から譲ってもらったもので、鋼典作と書かれています。
多分ホムセンとかにも売ってあるやつだと思います。

created by Rinker
¥3,666(2021/10/28 08:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

ナイフ

ブッシュクラフト用に使っているナイフです。

拾った枝を削ってポールにしたり、ナタで割った薪をバトニングでさらに細かく割ったりと、色々使える頼れるやつ。

これはモーラナイフヘビーデューティというモデルで、最近新しく発売されたステンレス製のタイプになります。

ステンレスなのでサビにくく、刃も欠けにくいのでガシガシ使えます。

マルチツール

ナイフや缶切り、栓抜き、ドライバーなど、これひとつでいろんなツールとして使える便利なやつ。

僕が使っているのはビクトリノックススパルタンというモデル。

機能としては、

  1. ラージブレード(大刃)
  2. スモールブレード(小刃)
  3. カン切り
  4. マイナスドライバー 3mm
  5. せん抜き
  6. ワイヤーストリッパー
  7. マイナスドライバー 5mm
  8. リーマー(穴あけ)/パンチ
  9. コークせん抜き
  10. ツースピック
  11. ピンセット
  12. キーリング

まあほぼ缶切り、栓抜きぐらいしか使ってません・・笑

サイズもコンパクトなので、ひとつ持ってると安心のギアですね。

ドライバッグ

これは急な雨が降ったときに濡れたくないものとっさに入れたりするときに使います。

それ以外でも、現地で食材を買い足したりと急な荷物が増えたときにも役立ちます。

僕が持ってるものはコールマン35Lタイプのドライバッグ。

使わないときは畳んでコンパクトにしまえるので便利です。

トートバッグ

現地で薪拾いするときに、拾った薪をまとめて入れて持ち運ぶときに使ってます。

ちなみにこれはダイソーで300円くらいで売ってました。

ランドリーリール

これは巻き取り式のロープで、木の間に張ってシュラフやタオルなどを干すときに使います。

サウスフィールド製で、値段も500円くらいとお手頃で買えました。

ロープは全長6mまで伸ばすことができ、巻き取り式なので収納時も絡まることがないので便利です。

サウスフィールド ランドリーリール キャンプ 小物

Bluetoothスピーカー

音楽大好きなので僕にとっては必須といってもいいギア。

開放感ある自然の中で、お気に入りの音楽を聴きながらくつろぐ時間はまさに至福のひととき。

このスピーカーはヤマダ電機オリジナルブランドのもので、価格はたしか4000円くらいだったかな。

防水仕様なので水回りでの使用も安心。

ただけっこう充電切れるの早いのがネック・・。

まあ充電式なので、充電切れてもモバイルバッテリー持ってればその場で充電しながら使えます。

タブレット

これは主にキャンプ場で電子書籍を読んだり、映画を見たりするために持って行ってます。

僕が使っているものは、もはや説明不要のiPad。

ちなみに第6世代からApple Pencilが使えるようになったので、キャンプ場でお絵かきしながら楽しんだりもしています。

キャンプギア紹介
最新情報をチェックしよう!