【タンク交換】ドラッグスター250をDIYでカスタム

ドラッグスター250 DIYカスタム タンク交換

こんにちは、イトーです。

ドラッグスター250のボバーカスタムについて、今回は純正タンクを交換する方法を紹介していきます。

新しいタンク

今回新しく取り付けるタンクは、ヤフオクで売られていたホットローダー製のスポーツタンク。

付属品はタンク+タンクキャップ+取り付けステー×2+フューエルコック+フューエルホース+ボルト類となっています。

付属していたフューエルコックはこんな感じです。

ちなみにタンク内には、あらかじめホットローダーさんで錆防止のコーティングをしてもらいました。

純正タンクの取り外し方

それでは早速、純正タンクの取り外しからやっていきます。

まずはメーターカバーのネジを外します。

メーターカバー前方のクリップピンも外します。

クリップピンの中心を押し込んであげると簡単に外れます。

ピンを外したらメーターカバーを持ち上げて、

メーター裏でつながっている配線のカプラーを外します。

スピードメーターケーブルはネジ式になっているので、回して外します。

メーターを外すとこんな状態になります。

タンク上部についているこのホースと、

ホースを固定しているクリップも忘れずに外しておきます。

次はフューエルコックのホースを外していきます。

ドラッグスター250は負圧式なので、フューエルコックのレバーの位置はONのままでOKです。

また、ホースを外すと少量のガソリンが漏れてくるので、必ずタオルなどを敷いてから抜きましょう。

フューエルホースはクリップで固定されているので、まずはこのクリップをつまむようにして開き、ホースから外しておきます。

ホースが固くて抜けない場合は、マイナスドライバーなどでホースを傷つけないように慎重に押し出してあげます。

フューエルコックからホースを外す箇所はこの2箇所です。

ホースを外したら、次にタンク後方のネジを外します。
このネジはシート下に隠れているので、シートを外してから作業を進めてください。

タンクは裏側のこの部分にひっかかるように乗っているので、

後方に引っ張りながら持ち上げるようにすると、ガソリンタンクが取り外せます。

エアクリーナーの取り外し

ホットローダー製のタンクの取り付けには、純正エアクリーナーを外す必要があります。

まず、エアクリーナーボックスの左右に固定されているネジを外します。

裏側でつながっているジョイント&ホースを外し、ツメを外すように引っこ抜けばエアクリーナーボックスが取り外せます。

次はエアクリーナー本体を取り外していきます。

まずはフレーム前方のカバーを外します。

カバーの取り外し方は、下側で固定されているネジを外し、

タンクを乗せていたゴムのキャップを外し、

カバー上側のツメを外してあげれば取り外せます。

カバーを取り外すと、エアクリーナーを固定するネジに触れるようになるので、こちらの2箇所のネジを外します。

次はキャブレターにつながっているジョイントのバンドを緩め、がぽっと引き抜きます。

エアクリーナー後方のエンジンからつながっているホースを外せば取り外しは完了です。

念のため、キャブレター内にゴミが侵入するのを防ぐために養生テープでマスキングしておきましょう。

ホットローダー製のタンクと純正エアクリーナーの併用はできないので、後にSUエアクリーナーに交換しています。

SUエアクリーナーの取り付けについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【SUエアクリーナー交換】ドラッグスター250をDIYでカスタム

2019.07.22

タンクの取り付け

タンク・エアクリーナーを取り外せたら、次は新しいタンクの取り付け位置を確認しておきます。

取り付けにはタンクKITに付属していた2つのステーを使います。

タンク後方側のステーは 、エアクリーナーが固定されていたネジ穴と、フューエルポンプボディ(?)の間に噛ませて、こんな感じで取り付けました。

タンク前方側のステーは、片側は同じくエアクリーナーが取り付けられていたネジ穴に固定。

反対側は、メインスイッチを取り付けているこのネジを外し、

裏側に貫通するように長めのボルトに交換し、ここにステーを固定させるように取り付けます。

ちなみにメインスイッチを固定しているネジを外すためには、こういう星型の専用工具でしか外せないのでご注意。

ステーを取り付けたら、あとは配線に注意しながらタンクを乗せて、ステーに固定してあげればOK。

取り付け位置が決まったら、タンクの塗装をするため一旦またタンクとステーを取り外します。

タンク内部に塗料が入らないようマスキングし、じっくり時間をかけて丁寧に塗装していきます。

塗装の仕方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【DIY塗装】スプレー缶を使ってバイクを塗装する基本的な方法

2019.07.13

塗装が完成したら、タンクに新しいフューエルコックを取り付け、またステー→タンクの順に取り付けます。

最後にフューエルホースをコック、それからフューエルポンプボディ(?)のここに取り付けます。

純正のときのホースが一本だけ宙ぶらりんの状態で余ってしまいますが、このホースはネジで穴埋めしておきます。

負圧の関係からなのか、このホースを塞いでおかないとアイドリングが不安定になってしまうので、忘れずに塞いでおきましょう。

これでタンクの取り付けは完成です。

まとめ

タンクを変えると一気に見た目が変わりますね(・∀・)

今回取り付けたホットローダー製のタンクは純正エアクリーナーとの併用ができませんが、タンクだけ交換したいという人はにガレージT&Fのタンクがおすすめ。

こちらはドラッグスター250専用に設計されているので、純正エアクリーナーをつけたままで取り付け可能となっています。

次回はSUエアクリーナーの取り付けについて紹介します。

それではまた、よいバイクライフを!

【SUエアクリーナー交換】ドラッグスター250をDIYでカスタム

2019.07.22




ドラッグスター250 DIYカスタム タンク交換

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です